# Pythonで文字列を後ろから検索するrfind()の使い方

Home String Methods

Pythonで文字列を後ろから検索する場合、単純な文字列で検索する rfind()があります。

今回は rfind()の使い方について説明します。

# rfind()の例1

以下のrfind()を用いた例では、文字列「casa」が最後に出現するのはテキストのどこかを調べる例です。

txt = "Mi casa, su casa."
x = txt.rfind("casa")
print(x)

# rfind()の定義と使い方

rfind()関数は、指定された値の最後の出現箇所を検索します。

値が見つからなかった場合、rfind()関数は-1を返します。

rfind()関数は、rindex()関数とほとんど同じです。

次の例を参照してください

# rfind()の記述方法

検索対象の文字列.rfind(検索する文字列, 開始位置, 終了位置)

# find()の引数

検索する文字列: 必須。

開始位置:オプション。初期値は0になります。

終了位置: オプション。初期値は文字列の最後になります。

# rfind()の例2

以下のコードは文字列から右のeを検索するコードの例です。

txt = "Hello, welcome to my world."
x = txt.rfind("e")
print(x)

# rfind()の例3

以下のコードは文字列から最後のeを検索するコードの例で開始位置と終了位置を指定する例です。

txt = "Hello, welcome to my world."
x = txt.rfind("e", 5, 10)
print(x)

# rfind()の例4

値が見つからない場合、rfind()メソッドは-1を返しますが、rindex()メソッドでは例外が発生します。

txt = "Hello, welcome to my world."
print(txt.rfind("q"))
print(txt.rindex("q"))

Home String Methods