# type()の使い方

HomeFunctions

# type()の例1

a = ('apple', 'banana', 'cherry')
type(a)
b = "Hello World"
type(b)
c = 33
type(c)

# type()の定義と使い方

type()関数は、 指定されたオブジェクト

# type()の構文

    type(object,bases,dict)

# type()の引数

オブジェクト 必須。パラメータを1つだけ指定した場合、type()関数 このオブジェクトのタイプを戻します。

塩基 オプション。基本クラスを指定します

評決 オプション。クラスの定義を使用して名前空間を指定します

HomeFunctions