# print()の使い方

HomeFunctions

Print a message onto the screen:

print("Hello World")

print()関数は、指定されたメッセージを画面またはその他の標準出力デバイスに出力します。 メッセージには、文字列またはその他のオブジェクトを指定できます。 画面に書き込まれる前の文字列。

print(object(s), separator=separator, end=end, file=file, flush=flush)

オブジェクト 任意のオブジェクト、および必要な数のオブジェクト。前に文字列に変換されます 印刷

sep='セパレータ' オプション。複数ある場合は、オブジェクトの分割方法を指定します。 一人です。デフォルトは''です

end='end' (終了) オプション。最後に印刷するものを指定します。デフォルトは「\n\ 」(ラインフィード)です。

ファイル オプション。writeメソッドを持つオブジェクト。デフォルトはsysです。標準出力

フラッシュ オプション。出力をフラッシュ(真)するかどうかを指定するブール値。 buffered(偽)。既定値はFalseです。

Print more than one object:
print("Hello", "how are you?")
Print a tuple:

x = ("apple", "banana", "cherry")
print(x)
Print two messages, and specify the separator:
print("Hello", "how are you?", sep=" ---")

HomeFunctions