# open()の使い方

HomeFunctions

# open()の例1

f = open("demofile.txt", "r")
print(f.read())

# open()の定義と使い方

open()関数はファイルを開き、 はそれをファイルオブジェクトとして返す。 ファイル処理の詳細については、ファイル処理に関する章を参照してください。

# open()の構文

    open(file, mode)

# open()の引数

ファイル:ファイルのパスと名前

モード:ファイルを開くモードを定義する文字列。

  • 「r」-読取り-デフォルト値。を開きます。読み取り用ファイル、ファイルが存在しない場合はエラー
  • 「a」-追加-ファイルを開きます。追加、ファイルが存在しない場合は作成
  • 「w」-Write:書き込み用のファイルを開きます。ファイルが存在しない場合は作成します。
  • 「x」-作成-指定したファイルを作成し、ファイルが存在する場合のエラー

さらに、ファイルをバイナリモードとテキストモードのどちらで処理するかを指定できます。

  • 「t」-テキスト-デフォルト値。テキストモード
  • 「b」-バイナリ-バイナリモード (例:。イメージ)

HomeFunctions