# id()の使い方

HomeFunctions

# id()の例1

x =  ('apple', 'banana', 'cherry')
y = id(x)

# id()の定義と使い方

id()関数は、指定されたオブジェクト。 Pythonのすべてのオブジェクトには、固有のIDがあります。 このIDは、オブジェクトの作成時にオブジェクトに割り当てられます。 idはオブジェクトのメモリアドレスで、毎回異なります。 プログラムを実行します。(ただし、次のように、一定の一意のIDを持つオブジェクトは例外です。-5から256までの整数)

# id()の構文

id(object)

# id()の引数

object:任意のオブジェクト、String、Number、List、Classなど

HomeFunctions