# compile()の使い方

HomeFunctions

# compile()の例

このサンプルコードでは55と表示されます。

x = compile('print(55)', 'test', 'eval')
exec(x)

# compile()の定義と使い方

compile()関数は、指定されたソースをコードオブジェクトとして提供します。

# compile()の構文

compile(source,filename, mode, flag, dont_inherit, optimize)

# compile()の引数

source:必須。コンパイルするソースは、String、Bytesオブジェクト、またはASTオブジェクトを指します。

filename:必須。ソースの元になるファイルの名前。ソースがファイルからではない場合、好きなものを書くことができる

mode:必須。

  • eval:ソースが単一の式の場合
  • exec:ソースがステートメントのブロックである場合
  • single:ソースが単一の対話式ステートメント

flag:オプション。ソースのコンパイル方法。デフォルト0

dont_inherit:オプション。ソースのコンパイル方法。デフォルトFalse

optimize:オプション。コンパイラの最適化レベル。デフォルト-1

# compile()の例

x = compile('print(55)\nprint(88)', 'test', 'exec')
exec(x)
55
88

# 確認テスト💯

次のコードを実行して出力結果を入力しなさい

code='print(101)'
x = compile(code, 'test', 'exec')

HomeFunctions