# bytearray()の使い方

HomeFunctions

# bytearray()の例1

x = bytearray(4)

# bytearray()の定義と使い方

bytearray()関数はbytearrayを返します。 オブジェクトをbytearrayオブジェクトに変換したり、空のbytearrayを作成したりすることができます。

# bytearray()の構文

bytearray(x, encoding, error)

# bytearray()の引数

x:bytearrayオブジェクトを作成するときに使用するソース。 次の場合: 整数の場合、指定されたサイズの空のbytearrayオブジェクトが作成されます。 文字列型 (String) の場合は、ソースのエンコーディングを指定してください。

encoding:文字列のエンコーディング

error:エンコーディングが失敗した場合の対処方法を指定します。

HomeFunctions