# writelines()の使い方

Home File Methods

# writelines()の例1

f = open("demofile3.txt", "a")
f.writelines(["See you soon!", "Over and out."])
f.close()
f = open("demofile3.txt", "r")
print(f.read())

# writelines()の定義及び使い方

writelines()関数は、以下の項目を書き込みます。 リストをファイルに追加します。 テキストが挿入される場所は、ファイルモードとストリームによって異なります。 位置。 「a」:テキストは現在のファイルストリームの位置に挿入されます。 ファイルの末尾のデフォルト。 「w」:現在の位置にテキストが挿入される前にファイルが空になります ファイルストリームの位置、デフォルトは0。

# writelines()の構文

file.writelines(list)

# writelines()の引数

パラメータ 説明

リスト 挿入されるテキストまたはバイトオブジェクトのリスト。

その他の例

# writelines()の例2

The same example as above, but inserting line breaks for each list item:

    f = open("demofile3.txt", "a")f.writelines(["\nSee 
    you soon!", "\nOver and out."])f.close()#open 
    and read the file after the appending:f = open("demofile3.txt", "r")
    print(f.read())

Home File Methods